住宅の購入についてはくれぐれも慎重に判断するようにしましょう

貸と持ち家でどちらがお得なのかについては、その人ごとに答えが異なるようです。ここでは賃貸と持ち家のそれぞれのメリットやデメリットについて紹介しますので、あなたにとってどちらがお得なのかをじっくりと考えてみてください。

 

賃貸と持ち家ではどちらが「お得」なのでしょうか?

賃貸のメリットやデメリットについて

賃貸と持ち家のメリット・デメリット

賃貸のメリットとしては、やはり気軽に引越しができるということがあげられるでしょう。進学や就職、結婚や出産や子供の入学などに合わせて、その時々に応じた最適な住まいを選ぶことができます。また固定資産税や修繕費などを負担する必要はありませんので、家賃以外のコストが発生しないこともメリットだといえるでしょう。

 

一方のデメリットとしては、壁に穴を開けることができないことや、勝手に内装を変えたりすることができないことなどの利用上の制約があげられます。また定期的に契約の更新が必要になったり、場合によっては大家さんの都合などで引越しが必要になることもあるかもしれません。

 

持ち家のメリットやデメリットについて

持ち家のメリットとしては、やはり「自分の家」になるということが大きいといえます。自分のものですから内装やインテリアなどを自分好みに変更することができますし、定期的な手入れをすれば一生住み続けることができるでしょう。また自分の家があれば老後の住まいの心配をする必要もなくなります。不動産としての資産価値がありますので借金などの担保にすることができますし、将来は子供や孫などに財産として残すこともできるのです。

 

一方のデメリットとしては定期的な修繕などの手入れが必要になることや、また固定資産税などのコストが発生することなどがあげられます。

 

おすすめの住宅ローンランキングをチェック!

住宅ローンを利用すればあなたも「自分の家」を手に入れることができます!

住宅ローンの活用で自分の家を手に入れよう

在賃貸に住んでいるという人の場合には、月々大家さんに対して家賃を支払うことが必要です。

 

大家さんに支払う家賃は住居を提供するサービスを利用したことに対する対価ですから、家賃の支払をいくら続けたとしても住んでいる家が自分のものになることはありません。

 

しかし月々同じように支払を行うという場合であっても、それが住宅ローンの支払であれば「自分の家」を手に入れることができるのです。

 

住宅ローンの金利が上昇する前に長期の固定金利で利用するのがおすすめ

住宅ローンの契約をして鍵の受け取りをすれば、その時点でその家はあなたのものになります。住宅ローンを利用する場合には購入する家や土地などを担保としてお金を借り入れることになりますが、返済をしっかりと行っている限りは家を失うことなどはありません。ただし一度住宅ローンを利用して家を購入した場合には、返済が苦しいからといって簡単に別の家に買い換えるというわけにはいきません。

 

賃貸であれば家賃の支払が苦しければ別の家賃が安い家に引っ越せばよいのですが、住宅ローンを利用した場合にはそうはいかないのです。住宅ローンを利用して家を購入する場合には、将来の経済状態の変化などを含めた慎重な返済計画を立てることが必要になります。

 

これまでの日本では政策金利が低めであったため、住宅ローンについても比較的低金利の状態が長く続いてきました。しかし最近では将来のインフレが予想されていますので、住宅ローンの金利についても今後は上昇していくことが予想されています

 

家を購入することを考えている人にとっては、現在は大きなチャンスの時期なのかもしれません。今後の金利上昇が予想される局面においては、住宅ローンを長期の固定金利で利用することをおすすめします。

住宅ローンを選ぶ際にはどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか?

住宅ローンを選ぶポイント

宅ローンを選ぶ前に、まずは資金計画をしっかりと立てるようにしましょう。前述の通り不動産を購入した場合には簡単に別の物件に買い換えるというわけにはいきませんから、将来の収入の見通しなども含めて確実な返済ができるような計画を立てることが重要になるのです。

 

例えば頭金については支払総額の2割〜3割程度を準備することが一般的であるとされているのですが、頭金が多ければ多いほど月々の支払の負担を抑えることができますし、また利息の負担も少なくすることができるのです。金利の上昇が予想されている現在は確かに住宅購入のチャンスかもしれません。

 

しかし、焦って住宅を購入せずに貯金をして頭金をできるだけ多めに準備するという選択肢もあるのです。多くの人にとって住宅の購入は生涯で最も大きな買い物になりますので、くれぐれも慎重に判断することをおすすめしたいと思います。

 

固定金利型と変更金利型のどちらを選べばいい?

実際に住宅ローンを検討する場合には「固定金利型(借入の時点で返済までの金利が決まっている方式)」「変動金利型(一定期間ごとに金利の見直しを行う方式)」「固定金利選択型(一定の期間の間は固定金利になる方式)」などの中からいずれかを選ぶことになります。金利の動向を気にしたくないという人や、返済額が最初から確定している方が安心だという人には固定金利型をおすすめします。

 

固定金利型については変更金利型よりも金利が割高に設定されていることが多いのですが、今後の金利の上昇が予想されている状況であれば固定金利型を選ぶことが有利になるでしょう。変動金利型は利用開始の時点においては金利の設定が固定金利型よりも割安になっています。ただし今後の市場金利の変動に応じて住宅ローンの金利も変動しますので、市場金利が下落した場合には得をしますが市場金利が上昇した場合には損をしてしまうのです。

 

金利の変動によるリスクがありますので注意が必要になります。また現在多くの金融機関が力を入れているのが固定金利選択型です。各社ともに優遇キャンペーンなどを積極的に行っているのですが、変動型と同様に金利の変動によるリスクがありますので注意が必要です。

 

住宅ローンを選ぶ際にはその他にも様々なポイントについて注意が必要になります。次の項目からはそれぞれについてさらに詳しく解説しますので、申し込みの際の参考にしてみてください。

おすすめの住宅ローンをランキングでチェック!


人気の住宅ローンサイトおすすめランキング

ライン

 

イオン銀行の住宅ローン


  • 住宅ローンを契約するとイオングループでの買い物が毎日5%OFF!
  • 保証料0円、一部繰上返済手数料0円、8疾病保証付き住宅ローンもある!
  • 当初10年固定特別金利プランの金利が年1.10%

イオン銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン


  • 団信・8疾病の保険料0円、保証料0円、一部繰上返済の手数料0円、返済講座への資金移動0円
  • 充実の保証がついて固定金利10年の金利は年0.96%!
  • 変動金利は年0.65%!

住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

じぶん銀行の住宅ローン


  • 事前審査から契約まで来店の必要なし!
  • 保証料の別途支払いが不要!一部繰上げ返済手数料無料!
  • 変動金利選択プランの金利は年0.595%

じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン