信用情報機関には利用者の延滞などに関する情報が登録されています

住宅ローンは利用金額が大きく返済期間も長期にわたるため、その審査は非常に厳しく行われることになります。この時金融機関は利用者の「信用情報」について照会を行います。

 

信用情報は個人の各種ローンやクレジットカードなどの利用状況を記録したものであり、金融機関が共同で管理運営を行っている「信用情報機関」にその情報が登録されているのです。

 

CIC(シー・アイ・シー)について

最も多くの金融機関が利用しているのがCICです。もともとはクレジット会社各社による共同出資で設立されたのがCICであり、カードローンや割賦販売などを行う業者の利用が多いことがその特徴となっています。また最近では銀行や携帯電話会社などの登録も増えているようです。

 

CICに登録された延滞などに関する情報は少なくとも5〜7年程度登録されることになりますので、一度「ブラック」と判断されてしまうと情報が抹消されるまでの間は住宅ローンの審査に通ることが難しくなってしまいます。実際に自分に関してどのような情報が登録されているのか気になるという人は、手数料として1000円を支払えば自分自身の登録情報の開示を請求することができます。

 

JICC(日本信用情報機構)について

CICと同じく多くの金融機関が利用している信用情報機関であるのがJICCです。JICCには3つの信用情報機関が合併して誕生したという経緯があり、「全国信用情報センター連合会(消費者金融系)」「テラネット(銀行系・消費者金融系)」「シーシービー(外資系)」が母体となっています。

 

JICCには契約や破産などに関する情報は5年間、延滞に関する情報は1年間登録されることになります。またCICと同じく手数料として1000円を支払えば自分自身の登録情報の開示を請求することができます。

 

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)について

国内銀行を直接の会員として運営が行われている信用情報機関が全国銀行個人信用情報センターです。基本的には銀行を対象とした信用情報機関であり、消費者金融や信販会社や携帯会社などに関する情報は登録されていません。

 

全国銀行個人信用情報センターに記録された情報については延滞は5年間、破産などは10年間登録されます。他の信用情報機関よりも長期間情報の登録が行われますので注意が必要です。全国信用個人情報センターでも手数料として1000円を支払えば、自分自身の登録情報の開示を請求することができます。


人気の住宅ローンサイトおすすめランキング

ライン

 

イオン銀行の住宅ローン


  • 住宅ローンを契約するとイオングループでの買い物が毎日5%OFF!
  • 保証料0円、一部繰上返済手数料0円、8疾病保証付き住宅ローンもある!
  • 当初10年固定特別金利プランの金利が年1.10%

イオン銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン


  • 団信・8疾病の保険料0円、保証料0円、一部繰上返済の手数料0円、返済講座への資金移動0円
  • 充実の保証がついて固定金利10年の金利は年0.96%!
  • 変動金利は年0.65%!

住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

じぶん銀行の住宅ローン


  • 事前審査から契約まで来店の必要なし!
  • 保証料の別途支払いが不要!一部繰上げ返済手数料無料!
  • 変動金利選択プランの金利は年0.595%

じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン