本人確認書類、収入証明、物件に関する書類を提出する必要がある

住宅ローンは利用額が大きく返済の期間も長期になりますので、貸付を行う金融機関では厳しい審査が行われることになります。また審査の際には各種の書類を提出することが必要とされます。

 

それでは実際に住宅ローンを利用するためには、具体的にはどのような書類の提出が必要になるのでしょうか。これについては住宅ローンの貸付を行う金融機関ごとにそれぞれ異なるのですが、どの金融機関においても一定の書類の提出が必要になるようです。

 

まずは本人確認ができる書類の提出が必要です。これは申込書に記載された申込者の住所や氏名や勤務先などに間違いがないことを書類で確認するためです。免許証やパスポートのような顔写真付きのもの、健康保険証などのような勤務先が確認できるもの、さらに住民票のような行政機関が発行するものなどが必要になります。

 

また場合によっては戸籍謄本や印鑑証明の提出が必要になる場合などもあるようです。書類については発行から3ヶ月以内のものを準備するようにしましょう。

 

次に収入を証明することができる書類の提出が必要です。会社に勤めている人の場合には、課税証明書や住民税決定通知書、また源泉徴収票などの提出が必要になります。また自営業者の場合には確定申告書や納税証明書の提出が必要です。

 

自営業者の場合には少なくとも過去3年分の書類を提出することが求められますので、開業してからの営業歴が3年未満の人の場合には住宅ローンを利用することは難しいかもしれません。また法人代表者(会社経営者)の場合には、経営する会社の決算書類を過去3年分提出することが必要です。

 

最後に購入を希望する物件に関する書類を提出することが必要です。住宅ローンを利用する場合には購入する物件を担保として貸し付けが行われますので、物件の担保価値を算出するための資料となる書類の提出が必要になるのです。

 

具体的には売買契約書や重要事項説明書、土地登記事項証明書や建物登記事項証明書、また物件の立地条件や間取りなどの情報が記載されたパンフレットなどを提出することになります。物件に関する書類については何を提出すればよいのかがわかりにくいのですが、購入を仲介する不動産業者に相談をすれば必要な書類一式を揃えてくれるはずです。


人気の住宅ローンサイトおすすめランキング

ライン

 

イオン銀行の住宅ローン


  • 住宅ローンを契約するとイオングループでの買い物が毎日5%OFF!
  • 保証料0円、一部繰上返済手数料0円、8疾病保証付き住宅ローンもある!
  • 当初10年固定特別金利プランの金利が年1.10%

イオン銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン


  • 団信・8疾病の保険料0円、保証料0円、一部繰上返済の手数料0円、返済講座への資金移動0円
  • 充実の保証がついて固定金利10年の金利は年0.96%!
  • 変動金利は年0.65%!

住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

じぶん銀行の住宅ローン


  • 事前審査から契約まで来店の必要なし!
  • 保証料の別途支払いが不要!一部繰上げ返済手数料無料!
  • 変動金利選択プランの金利は年0.595%

じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン