「ついうっかり」程度であればそれほど心配しなくても大丈夫です

日常生活において便利に活用することができるクレジットカードなのですが、利用した場合には料金の引き落としが必要になります。通常は月末などにまとめて引き落としが行われるのですが、忙しかったりすると入金を忘れてしまうことなどがあるかもしれません。

 

カード会社から連絡があって慌てて銀行口座に入金をした経験があるという人なども多いのではないでしょうか。それではクレジットカードの引き落としに遅れてしまった場合には、住宅ローンの審査にも影響することになるのでしょうか。

 

これについては忘れた回数が1〜2回程度で入金の遅れが数日程度であれば、その後すぐに支払を行っていればそれほど問題にはならないようです。クレジットカードの利用履歴については、信販会社やローン会社や銀行などが共同で管理を行っている信用情報機関に登録されることになります。

 

ここに支払の延滞情報などの履歴が登録されている場合には、住宅ローンの審査の際には信用が低く判定されて不利になってしまうのです。ちなみにクレジットカードの支払に遅れてしまった場合には、通常は2ヶ月以上の支払の遅延が延滞情報として登録されることになります。

 

ですから「ついうっかり」でクレジットカードの引き落としを忘れてしまったからといって、すぐに信用情報機関に延滞情報が登録されるわけではありません。しかしだからといって全く問題がないわけではないのです。延滞情報の登録が行われなくても、支払日に支払に遅れたという事実については信用情報機関に登録が行われます。

 

延滞情報が登録されている場合には悪質な利用者だとみなされて審査には通らなくなってしまうのですが、支払に遅れたという記録がある場合については判断は審査の担当者次第になるのです。

 

支払に遅れてしまったのが数日程度でその後すぐに支払をしているのであれば、審査の担当者は「ついうっかりで入金を忘れてしまったのだろうな」と考えてくれるでしょう。

 

ただしその回数が多かったり、また入金の遅れが数週間以上であったりした場合には、「この人はお金にだらしない人なのではないか?」などと疑われてしまうかもしれません。クレジットカードの支払の遅れが多すぎるとそれが原因で住宅ローンの審査に落ちてしまう場合もありますので、返済には遅れないようにくれぐれも注意しましょう。


人気の住宅ローンサイトおすすめランキング

ライン

 

イオン銀行の住宅ローン


  • 住宅ローンを契約するとイオングループでの買い物が毎日5%OFF!
  • 保証料0円、一部繰上返済手数料0円、8疾病保証付き住宅ローンもある!
  • 当初10年固定特別金利プランの金利が年1.10%

イオン銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン


  • 団信・8疾病の保険料0円、保証料0円、一部繰上返済の手数料0円、返済講座への資金移動0円
  • 充実の保証がついて固定金利10年の金利は年0.96%!
  • 変動金利は年0.65%!

住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

じぶん銀行の住宅ローン


  • 事前審査から契約まで来店の必要なし!
  • 保証料の別途支払いが不要!一部繰上げ返済手数料無料!
  • 変動金利選択プランの金利は年0.595%

じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン