住宅ローンを利用する際には団体信用生命保険への加入を求められる

住宅ローンを利用する場合には申込者の健康状態も重視されます。病気などで働けなくなってしまえば返済が滞ることになりますので、審査の際には健康であることが重視されるのです。

 

また銀行などの住宅ローンに申し込む場合には団信(団体信用生命保険)に加入することが条件となっていることが一般的です。団信に加入をすれば申込者にもしもの場合があった場合には保険金が支払われますので、支払われた保険金で住宅ローンを完済することができるのです。

 

団信については一般的な生命保険などよりも審査が緩めである場合が多いようです。実際の審査基準は金融機関ごとに異なるのですが、通常は3つの事項についての告知が必要になります。

 

「最近3ヶ月以内に治療や投薬などを受けたことがあるか」「最近3ヶ月以内に手術などを受けたことがあるか」「現在身体に機能障害や欠損などがあるか」についての告知が必要になりますので、くれぐれも正直に告知するようにしましょう。告知の内容に間違いがあると、いざという時に保険金がおりない場合などがあります。

 

また一般の団信に加入できなった人には、「ワイド団信」に申し込むことをおすすめします。通常の団信よりも保険の引き受け範囲が拡大されているのがワイド団信です。例えば肝機能障害や糖尿病や高血圧などの持病がある人は団信に加入できない場合があるのですが、そのような人であってもワイド団信であれば加入できる可能性が高くなります。

 

通常の団信とほぼ同じ内容の告知が必要なのですが、通常の団信よりも審査に通りやすいことが大きな特徴となっています。審査基準については公開されていませんが保険会社ごとに異なるようですから、審査に落ちてしまった場合には別の保険会社のワイド団信への申し込みを検討してみましょう。

 

ワイド団信については保険料が若干高めだというデメリットがあります。ワイド団信の保険料は住宅ローンの金利に含まれる形で請求されるのですが、ワイド団信の保険料相当分としてネット銀行などでは0.2%程度、メガバンクや地方銀行や信用金庫などでは0.3%程度の金利相当額の支払が必要です。

 

またフラット35などのような団信に入らなくても利用できる住宅ローンもあります。ただし本人が死亡しても返済の義務は残りますので、別途生命保険などに加入するかあるいは蓄えなどを準備しておくことが必要です。これを怠ると残された遺族が苦労することになりますので注意してください。


人気の住宅ローンサイトおすすめランキング

ライン

 

イオン銀行の住宅ローン


  • 住宅ローンを契約するとイオングループでの買い物が毎日5%OFF!
  • 保証料0円、一部繰上返済手数料0円、8疾病保証付き住宅ローンもある!
  • 当初10年固定特別金利プランの金利が年1.10%

イオン銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン


  • 団信・8疾病の保険料0円、保証料0円、一部繰上返済の手数料0円、返済講座への資金移動0円
  • 充実の保証がついて固定金利10年の金利は年0.96%!
  • 変動金利は年0.65%!

住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

じぶん銀行の住宅ローン


  • 事前審査から契約まで来店の必要なし!
  • 保証料の別途支払いが不要!一部繰上げ返済手数料無料!
  • 変動金利選択プランの金利は年0.595%

じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン