単独で申し込む場合には問題ないが共同で申し込む場合には影響する

住宅を購入する人は既婚者である場合が多いようです。もちろん独身で住宅を購入するという人もいるのですが、実際には結婚をしたことや子供ができたことなどをきっかけとして住宅の購入を検討する人の割合が多いのです。

 

それでは住宅ローンを申し込む際に配偶者に借金があった場合には、住宅ローンの審査にはどのように影響することになるのでしょうか。

 

これについては利用者が単独の名義で住宅ローンに申し込むのであれば、特に問題にはなりません。住宅ローンに申し込む場合には金融機関による審査が行われますが、この場合にはあくまでも申込者本人についての調査が行われることになります。

 

もちろん家族構成などについては調査の対象になるのですが、家族個人の借入状況や債務整理の履歴などについて調査が行われるようなことはないのです。あくまでも申込者本人について審査が行われますので、配偶者の借金が影響することはありません。

 

ただし配偶者と共同の名義で住宅ローンに申し込む場合には、注意が必要になります。利用者本人だけでなく配偶者にも収入がある場合には、共同の名義で申し込むことによって住宅ローンの利用限度額を拡大することができるのです。これを「収入合算」というのですが、この方法で住宅ローンに申し込むと申込者本人だけではなく合算対象となる配偶者についても調査が行われることになります。

 

配偶者についても各種ローンやクレジットなどの利用履歴(利用状況、延滞や遅延、自己破産、任意整理など)の確認が行われますので、信用情報機関に登録された情報などに問題があれば住宅ローンの審査に落ちてしまうかもしれないのです。

 

ちなみに収入合算によって住宅ローンに申し込む場合には、申込者本人が金融機関と債務契約を結び、合算の対象となる配偶者は保証契約によって申込者の「連帯保証人」になります。ただし金融機関によっては収入の2分の1しか合算の対象にならなかったり、パート収入は認められなかったりするなどの制約があるようです。

 

またその他に「ペアローン」という方法を選択することもできます。ペアローンの場合には申込者本人と金融機関、また配偶者と金融機関がそれぞれに債務契約を結ぶことになりますので、収入合算では2分の1しか合算の対象にならない人でも収入の全額に対する借り入れが可能です。ただし個別に団体信用生命保険に加入することが必要であるなどのデメリットがありますので注意が必要です。


人気の住宅ローンサイトおすすめランキング

ライン

 

イオン銀行の住宅ローン


  • 住宅ローンを契約するとイオングループでの買い物が毎日5%OFF!
  • 保証料0円、一部繰上返済手数料0円、8疾病保証付き住宅ローンもある!
  • 当初10年固定特別金利プランの金利が年1.10%

イオン銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン


  • 団信・8疾病の保険料0円、保証料0円、一部繰上返済の手数料0円、返済講座への資金移動0円
  • 充実の保証がついて固定金利10年の金利は年0.96%!
  • 変動金利は年0.65%!

住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン

 

じぶん銀行の住宅ローン


  • 事前審査から契約まで来店の必要なし!
  • 保証料の別途支払いが不要!一部繰上げ返済手数料無料!
  • 変動金利選択プランの金利は年0.595%

じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら


ライン